エンジニアに採用!~自分をレベルアップ出来る場所とは~

現場監督として働く

作業員

派遣でも監督になれる

施工管理の仕事内容は、建築現場での施工計画や安全、工程や品質管理など監督業務となっています。監督としての仕事内容となっているため、建築に関する基礎知識は最低ラインでもっていることが働く上での条件となります。そのため工学や工業、建築学科などを卒業した人は優遇されるでしょう。しかし建築関連の学校を卒業していなくても、施工管理の求人に応募することは可能となっています。最近では建築関連の仕事が人手不足と言われているため、施工管理も同じようにスキルだけでなくやる気のある人を歓迎しているのです。また現場の監督として働きますが、若い人でも求人側から求められている人材となっています。求人では正社員や契約社員だけでなく派遣での募集も行なっているので、誰でも気軽に求人に応募することが出来るのです。さらに働きながらスキルを磨いていけば、誰でも現場でもしっかり活躍出来るでしょう。施工管理には建築以外にも電気系もあるので、求人をチェックする際は自分の資格や経験を照らし合わせてみると良いでしょう。

高給取りになろう

根気強く何事にも熱心に取り組める人に最適な仕事が施工管理です。施工管理として働く際は基礎知識のほかに、資格が必要となります。資格を持っていることで現場でも依頼主からも信頼を得ることが出来るので、施工管理には欠かせないのが資格となっています。そのため資格をもって入れば、派遣求人へ応募してもどの現場でも施工管理として働くことが出来るのです。求人によって給料は異なりますが、施工管理は現場監督であるため、30~50万円と高くなっています。派遣でも高くなっているので、安心して手に職を掴むことが出来ます。経験を重ねるごとにも高くなっていきますが、建築や電気、土木などの現場で監督する側として働きたい人は応募してみると良いでしょう。